スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

エネルギーを最大限に作れるからだを目指そう

私たちが日々活動するのにはエネルギーが必要です。 そのエネルギーのほとんどはミトコンドリアで作られています。 ミトコンドリアとは、赤血球以外のからだの細胞にある細胞小器官です。 エネルギー不足を感じるときは、ミトコンドリアでエネルギーが作れていない状態です。 エネルギー不足の期間が続くと、からだは生命維持のためにエネルギーを何とか絞り出す方向へと栄養素を総動員します。 この状態では、皮膚への栄養素供給が低下するため、ニキビや肌荒れなどがでやすくなります。 【ミトコンドリアの質と活性を高めるために必要なこと】 1.運動 筋細胞にはたくさんのミトコンドリアが存在します。 筋肉をつければ筋細胞の数も増えるので、ミトコンドリアの数も増え、エネルギーの生産量も上がります。 有酸素運動が効果的です。 低血糖や副腎疲労のない方は、空腹を感じる食べ方やプチ断食でオートファジーを活性化するのもおすすめです。 2.阻害物質の除去 ミトコンドリアでの代謝回路が阻害されると、生産されるエネルギーが減ります。 代謝経路の阻害物質は重金属です。 ミトコンドリアDNAが損傷する揮発性有機化合物(農薬、ドライクリーニング、排気ガス、接着剤など)も避けましょう。 3.補酵素を補う ミトコンドリアの補酵素にはビタミンB群、CoQ10、NADH、マグネシウム、鉄などがあります。 4.活性酸素を除去する ミトコンドリアでエネルギーが作られるときに、活性酸素も必ず発生します。 この活性酸素はミトコンドリアのDNAを傷つけるので、抗酸化対策も必須です。 【ミトコンドリアの機能改善に取り組む前に必要なこと】 まずは腸内環境の改善が必要です。 次いで重金属デトックス、甲状腺や副腎ホルモンの改善を図ります。 これらに取り組んだうえで、ミトコンドリア機能改善に取り組むのが効果がでやすい方法です。 栄養療法外来では、問診や血液検査をして、健康で元気であるためのオーダーメイドの方法をカウンセリングという形でお伝えしています。 https://marikoclinic.com/molecular/     栄養療法外来のご予約はお電話にて承っております。 しげまりこ皮膚科クリニック  ☎075-744-0738

最新の投稿

にきびの治療法

冬季うつと風邪予防にはビタミンD

保険診療:足底角化症

保険診療:尋常性疣贅

保険診療:アトピー性皮膚炎とデュピクセント

保険診療:顔のできもの~稗粒腫

保険診療:手荒れ

最良の良薬は食である

亜鉛不足の原因と改善方法

生理痛やPMSを和らげる方法